ネットワーク工程表の表示ルール〜建築や解体などの工程表・作業手順書の雛形は例が豊富な【坂東施工図考房】で〜

ネットワーク工程表とは

ネットワーク工程表は、円と線で表現する工程表であり、先行作業とそれに続く後続作業の関係を明確に表したものです。作業の前後関係がわかりやすく、余裕のある作業と余裕のない作業の区別、作業が遅れた場合の後続作業、全工程の日数などの計算がしやすい特徴があります。

ネットワーク工程表の基本用語

ネットワーク工程表の基本用語

Activity(アクティビティ)

ネットワーク表示に記載する矢印のことで、作業活動などの時間を必要とする諸活動を示します。作業内容を矢印の上に書き、作業に必要な時間を矢印の下に書きます。この時間と矢印の長さは、無関係です。

Event(イベント)

作業の開始・終了を表した丸印のことで、番号や記号を付けるのが基本です。この際、同じ番号や記号は2つ以上存在しないようにし、作業の進行する方向に向かって、大きくなるように付けます。

Dummy(ダミー)

架空の作業を意味する点線矢印のことで、作業の相互関係を結びつけるために用いられています。

ネットワーク工程表の基本ルール

ネットワーク工程表の基本ルールは、以下のような内容となります。

先行作業と後続作業

ネットワーク工程表の基本ルールとして、イベントに入ってくる先行作業の矢印が全て完了した後ではないと、後続作業の矢印を開始することはできません。

点線矢印(ダミー)による表示

2つの作業が平行して行われる場合、結合点を設けてダミーでつなぎます。ダミーには時間的要素はなく、作業の前後関係だけを表します。

作業時刻の組み込み

作業順序の前後関係を決めてネットワークの図を完成させた後、時間を組み込んで日程計画を立てます。工事には納期が決まっているので、時間的な制約に対し各作業時間を調整していきます。

工程表や作業手順書の雛形を提供している【坂東施工図考房】〜建築・解体など様々な例をご用意〜

工程表や作業手順書の雛形を提供している【坂東施工図考房】〜建築・解体など様々な例をご用意〜

工程表や作業手順書の雛形をお探しの方は、【坂東施工図考房】へご連絡ください。工程表や作業手順書、施工計画書など、様々な書類の雛形を提供しています。

工程表だけでも、ネットワーク工程表やバーチャート工程表など、種類豊富にありますし、作業手順書も電気設備・機械設備・建築・解体など、幅広く対応しています。

また、施工者の挨拶雛形集や現場実務のノウハウ集など、書類作成以外にも役立つコンテンツをいろいろとご用意しています。

書類作成の手間を減らしたいと考えている方がいらっしゃれば、【坂東施工図考房】の雛形をご利用ください。例も掲載しているので、「失敗したくない」という方にもご利用いただけます。

お問い合わせはこちらへ

建築工事や電気・機械の設備工事のを安全に進めるために

作業手順書の雛形をお探しなら【坂東施工図考房】へ

会社名 坂東施工図考房
運営責任者 坂東 和雄
住所 〒285-0043 千葉県佐倉市大蛇町530−8
TEL 043-486-4151
FAX 043-486-4153
E-mail infp@bandou21.com
納品及び
営業時間
商品のお届について通常お申込日、または翌日に発送いたします。
メール、FAXでのお問い合わせは24時間ですが電話でのお問い合わせは時間帯により出られない場合があります。
URL http://www.bandou21.com/