工事写真を上手に撮るコツ〜施工計画書の雛形(建築・解体など)は例が豊富な【坂東施工図考房】で〜

工事写真を撮影する目的とは?

そもそも、なぜ工事写真を撮る必要があるのでしょうか。この目的をわかっているのと、わかっていないのとでも、写真に差が出てくるでしょう。工事写真を撮影する理由は、下記の通りです。

  • 工事工程記録
  • 使用材料の確認
  • 品質管理の確認
  • 維持保全のための資料
  • 問題解決のための資料

目的をしっかりと把握しておくことで、どのようなポイントで写真を撮影すればいいのか、少しずつ理解できると思います。

工事写真を上手く取るコツ

工事写真を上手く取るコツ

工事写真の撮影は、コツを掴めば誰でも簡単に行えます。そこで、撮影の際に知っておくべきポイントをご紹介します。

撮影内容が一目でわかるように撮影

写真は撮っているけれど、何の写真なのかわからなければ、全く意味がありません。ただ撮影しておけば良いというわけではなく、明確な意図を持って撮影しましょう。

写ってはいけない物は写り込ませない

撮影被写体の他に余計な物が写らないようにしましょう。例えば、基礎の配筋を撮影する際に、梁底などに結束線やゴミが写り込んでいる場合があります。このような写真は、検査官から疑念を持たれてしまい、現場の評価も下がってしまいます。写真撮影の際は、余計な物は取り除いて撮影するようにしましょう。

写真を適切なタイミングで撮るには施工計画書が大切!〜【坂東施工図考房】は施工計画書の雛形(建築・解体など)の例が豊富!〜

写真を適切なタイミングで撮るには施工計画書が大切!〜【坂東施工図考房】は施工計画書の雛形(建築・解体など)の例が豊富!〜

施工計画書の雛形(建築・解体など)をお探しの方は、【坂東施工図考房】でお求めください。

工事写真を適切なタイミングで撮るには、あらかじめしっかり決めておくことが大切です。様々な例の施工計画書を提供している【坂東施工図考房】は、工事写真撮影計画の雛形もあります。

施工計画書の雛形があれば、余計な手間も時間も減らすことができますし、工事写真を撮り忘れてしまったという可能性も低くなるでしょう。興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらへ

建築工事や電気・機械の設備工事のを安全に進めるために

施工計画書の雛形を購入するなら【坂東施工図考房】で

会社名 坂東施工図考房
運営責任者 坂東 和雄
住所 〒285-0043 千葉県佐倉市大蛇町530−8
TEL 043-486-4151
FAX 043-486-4153
E-mail infp@bandou21.com
納品及び
営業時間
商品のお届について通常お申込日、または翌日に発送いたします。
メール、FAXでのお問い合わせは24時間ですが電話でのお問い合わせは時間帯により出られない場合があります。
URL http://www.bandou21.com/